安いレンタルサーバーでも独自ドメインでウェブサイトが作れる

独自ドメインでウェブサイトを作りたいときは、それを設定するためのサーバーを用意する必要があります。サーバーを用意するとなると高い費用がいると考えるかもしれませんが、安く借りられるサービスがあるため安心しましょう。

こちらではレンタルサーバーと独自ドメインについて詳しく説明するので、ウェブサイトの運用を考える方は参考にしてください。

ゲームサーバーに適したレンタルサーバーを探そう

安いレンタルサーバーでも独自ドメインは設定できる

オリジナルのアドレス(住所)である独自ドメインの取得と、それを登録するためのサーバーがあれば、インターネット上にウェブサイトを公開することができます。ただ、サーバーを用意するのは高い費用が必要となるので、レンタルをするのがウェブサイトを公開する上でのスタンダードな方法となっています。

高額なレンタルサーバーもありますが、安いものでも独自ドメインを設定できるようになっているので費用をあまりかけられない方でも安心です。

安さだけを追求して一ヶ月当たり500円未満のレンタルサーバーを選んだとしても、ウェブサイトの公開はしっかりと行えます。

安いだけではなくコストパフォーマンスが高いものがおすすめ

単純に一ヶ月当たりの料金が安いレンタルサーバーを選ぶと、あとで失敗したと思ってしまうかもしれません。なぜならば、安いレンタルサーバーは低い機能しか用意されていない場合があるからです。機能が低いと、繋がりにくかったり容量が少なかったりして、満足できるウェブサイトが作れない可能性があります。

そのため、安さだけではなく機能もしっかりと確認して、コストパフォーマンスが高いものを利用しましょう。『高機能なのに安い』と思えるところを見つけられれば、不満なくウェブサイトを運営していけます。

なお、使ってみて駄目なら次に乗り換えればよいと考えている方は、苦労することを覚悟しておきましょう。

データを移したり設定をやり直したり、苦労するポイントはいろいろとあります。一日や二日、乗り換え作業にかかってしまうこともあるため、訪問者が閲覧できない期間もできてしまうでしょう。ただ、独自ドメインはそっくりそのまま新しいレンタルサーバーに移せるので、乗り換えるとしてもアドレスが変わってしまうようなことはありません。

利用できるドメイン数を確認すること

一つの独自ドメインだけをレンタルサーバーに設定したい場合は、どのサービスを使っても大丈夫でしょう。しかし、複数の独自ドメインを設定したいときは、レンタルサーバーをきちんと選定しなければいけません。それはサービスによっては、同じサーバー内に独自ドメインを設定できる数を制限しているケースがあるからです。

安いレンタルサーバーを選ぶと、設定数が限られている確率が高くなるので気をつけましょう。その設定数を超えてウェブサイトを作りたいと考えたときは、レンタルサーバーを乗り換えたり追加したりしなければいけません。

なお、どのくらいの数を設定できるのかは、サービス概要に載っているマルチドメインや複数ドメインという項目で確認できます。現在は必要ないと感じていてもこれから先必要になるかもしれないので、設定数に余裕を持ったレンタルサーバーを選ぶと安心です。

独自ドメインを取得する方法

ドメインの取得サービスを利用すれば、簡単に自分だけの独自ドメインを手に入れられます。インターネット上にはいくつかの取得サービスがあるため、費用などをチェックして自分に合ったところと契約しましょう。ただ、まだ誰も使っていないドメインなら、どのサービスを利用したとしても取得できます。

Aサービスでは取得できるのにBサービスでは取得できないということはないので安心です。ドメインの取得は基本的に早い者勝ちとなっています。取得サービスを利用する場合、まずはお目当てのドメインがほかの誰かに使われていないかチェックすることからスタートしましょう。

多くのところではトップページに、チェック用のシステムが導入されています。そちらに、希望するドメインの文字列を打ち込めば、まだ使えるものなのかチェックしてくれます(一気に複数のチェックができるところもあり)。

もちろん、システムは無料で使えて、すぐに答えが返ってくるものなので気軽に活用しましょう。そして、利用できるものならば、そのまま契約できるようになっているので、誰かに取られてしまわないうちに手続きすることをおすすめします。

ほかの誰かに取られてしまうと、その人が放棄しない限り同じドメインを取得することは決してできません。ちなみに、長期にわたって取得した独自ドメインを使いたい場合は、自動更新設定を忘れないようにしましょう。更新を怠ってしまうと解約になってしまい、せっかく取得した独自ドメインがほかの誰かに取られてしまう可能性があります。

なお、契約をするときは、二年目の料金をしっかりと確認しておきましょう。取得サービスでは一年間のみの限定特価を提供していて、二年目から料金が上がるケースがあります。かなり値上がりする場合もあるため、安い費用でウェブサイトを維持したいなら必ず確認しましょう。

マニュアルをきちんと読んで独自ドメインを設定しよう

自分だけのウェブサイトを作りたくて、レンタルサーバーを利用する方は多いです。そのような方に向けてレンタルサーバーを提供してくれるサービスでは、独自ドメインの設定方法をマニュアルで詳しく説明してくれています。

サービスによっては文字のマニュアルだけではなく、動画での説明もしてくれているのでしっかりと目を通して確実に独自ドメインを設定しましょう。多くの場合はレンタルサーバーの設定項目に、ドメインのメニューがあってそちらから簡単に行えます。

もしも、方法がどうしても分からない場合は、サポートデスクに相談して設定手順を教えてもらいましょう。レンタルサーバーを借りるための月額料金にはサポート代も含まれています。なお、初めてウェブサイトを作ろうと考えているなら、チャットでのサポートをしてくれるところを選んだ方が無難です。

メールとは違ってすぐに返答があるので、独自ドメインやほかの設定がスムーズに行えるようになって便利です。

長期間使うことを想定して契約しよう

使い捨てではなく長期間ウェブサイトを運用したいなら、レンタルサーバーと独自ドメインの選定はとても大切になります。とくに独自ドメインの方は、乗り換えるとアドレスが変わってしまうので慎重に決める必要があります。

それぞれの維持費や手数料、そして使い勝手を考慮した上で選定して完璧なオリジナルのウェブサイトを作り上げましょう。